薄毛の原因と改善法

薄毛画像

僕は結構若い頃からストレスによりAGAを発症し、ひたいの生え際の部分がM字状に後退しました。最初は生え際の部分の毛が細くなり、かゆみも出て引っ張ったらすぐ抜ける。といった症状でした。

次に生え際の毛が産毛のようになり、これを繰り返して額は後退していきました。後退はじわじわ、しかし目に見えてわかるくらいにハゲが進行して来たので僕は思い切って近くにあるヘアクリニックに行き、医者の診断を受けました。

そこで初めて僕がAGAを発症していることを知りました。AGAのことは医者にかかる前から知っていたのですかまさか自分がなるとは思ってなかったので育毛シャンプーと安価な育毛剤を試していました。一応2年ほど使用を続けたのですが効果がまったく現れなかったのでヘアクリニックに行くことを決意したのです。

ヘアクリニックではとても丁寧に説明していただき、インターネットで知り得なかった髪の毛の情報も多くいただきました。医者の方が言うにはAGAは強いストレスを感じた時に発症するもので、一度発症すると止まったり治ったりすることはないそうです。

またAGAはれつきとした病気の1つであるので若いからハゲるとかはあまり気にしなくていいと言われちょっと心が楽になったのもよく覚えています。AGAを治すには外からではなく内からでないと治せないらしく薬飲まなければいけないと言われました。

AGAは永久進行性のある病気なので元の生え際まで戻る可能性は低く、現状維持をすることが今できる一番の治療だとも言われました。またAGAは先ほども述べたように永久進行性があるので、薬を飲まなくなった時点でまた後退が再発する、つまりAGAを完治することは現段階ではできないそうです。

ここで僕が思ったのは人生髪の毛だけではないということです。確かに若いうちにハゲになることはショックですし、嫌です。ただ外見が全てではないのでハゲだからといって根もネガティブになるのではなく逆に明るく行きていこうと思えるようになりました。AGAを発症したおかげで僕の性格は前と比べて明るくなり周りからも好かれるようになりました。

しかし、僕みたいにポジティブになれない人だっているでしょう。なのでもし薄毛に困っているのならまずは身近にあるヘアクリニックに行くことをお勧めします。自分で判断してむやみやたらに育毛用品を買っても意味がありません。まずは医者に診てもらい、アドバイスを受けることが重要です。薄毛を受け入れるのもいいですがAGAは進行を食い止めるぐらいはできるので抗うだけ抗ってポジティブに生きましょう。