育毛に必要なのはお酒を控えること

お酒の画像

育毛のために育毛剤を毎日使っている方で、効果が得られない方に試してほしいのが「お酒制限」です。制限と言っても、禁酒ではありません。自分の身体に負担のない量で止めておくことが必要なのです。

お酒は日本酒・焼酎・ワイン・ウィスキー・酎ハイなど、多くの種類があり、人それぞれ好みも異なります。そして、飲む量も異なります。自分は適度に飲んでいると思っている方でも、実は飲み過ぎているなど、自分が思っている量と飲んでいる実際の量が異なることも多いです。この感覚の違いをしっかり確認していくことで、育毛を妨げる飲酒の影響を少ないものにしていくことができます。

育毛は頭皮の環境を整えることが大切です。でも、実際に改善できるところまでたどり着ける方はほんの一握りです。その原因は、飲酒の状況が大きいと考えられています。お酒を飲み過ぎると内臓機能が低下し、血液の流れも悪くなります。頭皮はこの影響を大きく受け、髪へ栄養が行きわたらなくなります。実際、お酒を多く飲む方は抜け毛の確率も高くなります。

本当に育毛したいなら、禁酒することが望ましいと言えます。でも、禁酒することが大きなストレスになるようなら、たしなみ程度の飲酒はしょうがないでしょう。どうしても飲みたい方におすすめしたいのが赤ワインです。赤ワインは血液をサラサラにしてくれます。毎日グラス一杯の量を飲んでも、頭皮の環境は悪化することはありません。

赤ワインは苦手だと言う方には、ライトボディをおすすめします。ライトボディは、比較的渋みが控えてあり飲みやすいタイプのものです。飲みにくいからと言って、甘い赤ワインを飲んだりしないよう注意しましょう。この甘さはシロップです。日本人が飲みやすいよう、ブレンドしてあるものもあるので、ラベルを確認して購入することが必要です。

白ワインはワインの原料となるブドウの皮が取り除かれており、ポリフェノールはありません。飲みやすいのですが、育毛を考えるなら赤ワインを選んでほしいと思います。飲み過ぎは逆効果です。飲酒はどれぐらいが適度なのか、自分で決めてみましょう。

家族に決めてもらうことはとてもいいことです。でも、飲みたい一心で家族を恨むことがないよう対策するためにも、自分で決めた方がいいのではないかと思います。毎日量を守ることで、内臓から健康な状態に近づき、育毛剤も効果が現れてくるはずです。赤ワインに合うおつまみなども、血液サラサラに注意し、食べ過ぎないように心掛けましょう。