ストレス社会に生きる人たちへ

ストレス社会

ストレス社会に生きてる人々は日々健康を脅かされています。ストレスは万病の素とも言いますね。事実ストレスが溜まるだけで、頭痛・鬱・やる気が出ないなどの症状が出やすいのも確かです。

では、ストレスを溜めないためにどのようなことを心がけるようにするといいでしょうか?独自の視点でまとめてみようと思います。

1.1日3回の食事を心がける
最近は食べないで痩せるダイエットなるものが流行っていますね。液体だけで、固形物を口にしないとか栄養が偏るに決まっています。肉、野菜、炭水化物をバランスよく摂ることでストレスに侵されにくい体質になることが科学的には証明されています。

ビタミンB群が含まれているのは、ダイエットで抜きやすい炭水化物や動物性タンパク質などです。ダイエットをするなら、食べて動く、健康的なものを選ぶようにしましょう。

2.ストレスのかかる環境から抜け出す努力をする
職場や日常で人々の生活は常にストレスに支配されています。そこで考えてみて欲しいのは、ストレスから逃れる方法です。職場でストレスが溜まるのは何故でしょうか?

そもそもの仕事内容なのか、人間関係にあるのかそれは人様々だと思います。人間関係に問題があるなら、まずは周囲に相談してみることです。それで解決することもあるかもしれません。

仕事が合わなくてストレスを溜めてたり、周囲に語りかけてもどうにも人間関係が改善しない場合は、最悪転職を考えるのもありでしょう。自分の心の負担に気付くことが、ストレスの溜まらない日常への近道かもしれませんね。

3.ストレスが溜まった時の発散場所をいくつか用意しておく。
ストレスが溜まったらもちろん発散することが大切です。自宅にいてストレス発散ができればいいですが、多くの人は自宅にいても悶々としてるだけで、ストレスは蓄積されていく一方でしょう。ストレスを溜めやすい環境下にいる人は、自分なりのストレス発散法を見つけておくことが大切です。

友達と愚痴りあったり、カラオケで大声で歌ったり、おしゃれなバーで過ごしたり、ストレス発散に付き合ってくれる友達はいくつか作っておくのが効果的でしょう。しかし、毎日愚痴ばかりでは、友達もまいってしまうと思うので、楽しい話も時には織り交ぜながらバランスをとれた付き合い方を心がけましょう。

ストレス発散をする中で、友達との付き合い方はとても重要になってくると思います。ストレスが溜まっているときは愚痴を言いがちになるので、一緒にいる人は当然楽しくありませんね。

友達にとって、あなた自身がストレスの素にならないような付き合い方も大切だと私は思います。