プロペシアの効果と副作用について

プロペシアの効果はもともと副作用を応用したものです。前立腺肥大症の治療薬として利用していた際に、発毛の副作用が現れたことがきっかけとなり、商品化されたのです。商品としての安全性については治療薬だったこともあり、安心して利用することができ、さらに効果も実感することができます。

男性型の脱毛症として長年悩みつつもプロペシアを知り、やはりもともとが副作用だったという部分に不安はありましたが、特に重篤な副作用ではないこと、さらに実際に育毛剤として商品化される前に発毛しているという効果があった前例を知り、利用することにしました。頭に使うものではなく内服薬のため、利用方法も難しくはなく、すぐに取り入れることができます。育毛剤というよりもどちらかといえば薄毛の治療薬としての感覚が強いものでした。

そこまで薄毛が進行していなかった段階からの利用でしたが、そのせいもあったのか効果が出るのは早く、一年ほど継続して利用しただけでほとんど薄毛が目立たないという状況になりました。

さらに進行している薄毛に悩んでいた友人にも紹介したのですが、友人の場合は少し時間がかかり、それでも継続して飲み続けたことで今では全く目立たないというほどではありませんが、だいぶ薄毛が解消されている状況にあります。すぐに実感できるというものではなく、継続した利用が必要になるものですが、確かに実感することができました。

副作用には勃起不全や精力減退と言う症状があり、また下痢や腹痛を感じる人もいるようですがこれはもともと治療薬としてあった場合にも認められていたものでもあるようです。しかし個人差があるため、これらを経験することはありませんでしたが、もし現れた場合は身体との相性が悪いというものでもあるようです。

一番最初は、医療機関での処方を受けたのでメリットやデメリットを伺い、問題があればすぐに対応してもらえるという前提だったので非常に安心して利用することが出来ました。医師の診断が恥ずかしいという部分はありますが、下痢などの症状が出た場合でもすぐに診察で対応してもらえるために安心とともに安全性もあるのが良いところです。

薬局で買うことが出来ない薬なので特に強い薬ですが、だからこそ薄毛を解消する実感をしやすいのが魅力的でした。逆に考えれば医師の処方だからこそ強い薬であり、たとえ体に合わなくてもすぐに対処してもらえるということがあると思います。

しかしながら、医療機関では手間と費用がかなり高くついてしまうので、もっと経済的に済ませたいという方には通販がお勧めです。海外版のプロペシアを個人輸入すれば、医師の処方がなくてもプロペシアを注文することができます。個人輸入といっても、インターネットでは、専門のサイトがあり通販同様(もちろん日本のサイトです。)簡単に注文することができます。お値段の通院する場合の半値以下で購入が可能ですので、長期に渡るAGA治療ではかなり経済的です。