発毛のメカニズムについて

プロペシアは、飲む育毛剤として世界で話題になっていますが、実際に発毛の効果が期待できるということで人気の治療法となっています。

そもそも薄毛は、男性ホルモンのひとつであるテストステロンが5α還元酵素と結合し、脱毛作用の強いジヒドロテストステロンを産出することで発毛を阻害するために起こると考えられています。このジヒドロテストステロンを抑制させる働きがあるのがフィナステリドという成分で、これがプロペシアの主成分となります。フィナステリドが5α還元酵素の活動を阻害し、テストステロンとの結合を防ぐため、脱毛作用の強い成分を抑制し薄毛の進行を抑えるというメカニズムになります。

発毛の効果が現れるのには個人差がありますが、およそ6か月ほどで発毛の兆候が見られ、多くの方が薄毛治療に成功しているのが現状です。しかしプロペシアには脱毛作用を抑制させる主成分が配合されていますが、増毛させる効果はないので、元々の毛量に戻るというわけではありません。治療終了後服用をやめても必ずしも毛量が維持できるわけではないので、また抜け毛が気になりだしたら治療を始めると良いでしょう。

薄毛の治療薬であるプロペシアの錠剤は、保険が効かないため高額になり、治療を受けれないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。治療終了までにはかなりの額が必要となり、利用者の負担になっているのが実状です。こういったことを改善させるべく、ジェネリック医薬品とも言われるフィンペシアが発売されました。1錠当たりの値段が約10分の1とコストダウンでき、これまでよりも治療に踏み切りやすくなったようです。しかしフィンペシアは現時点では処方薬ではないため、クリニック等で処方してもらうことができません。通販やネット販売などで購入する方が多いようです。

使用者の傾向としては、初めは専門のクリニックにかかり、まずはプロペシアを服用してから、副作用がなければフィンペシアを購入して服用するといった感じになります。どちらも同じ成分が含まれているため、副作用の問題がなければ大丈夫でしょう。

このようにうまく利用すれば、費用も最小限に抑えられ効果がみられるまで治療を受けることができるかもしれません。薄毛は男性のみなず女性にも見受けられますが、毛量が少ないとやりたいヘアスタイルにもできず、コンプレックスになってしまうだけです。今や薄毛は治るものとなってきているので、気になりだしたら早い段階で治療を始めと良いでしょう。治療は早ければ早いほど効果が期待できます。これまで諦めていた方も一度足を運んでみてはいかがでしょうか。