プロペシアと育毛サプリの違い

プロペシアは男性型脱毛症用薬(AGA治療薬)です。他の育毛サプリとは違い、医師が処方する内服薬です。円形の薄い赤色の錠剤を1日1回服用するもので、現在世界60カ国以上で承認されています。日本では2005年から発売されています。

男性型脱毛症には男性ホルモンと遺伝が大きく影響しているとされています。男性ホルモンの分泌を抑えれば脱毛を予防できるということになりますが、男性ホルモンの分泌を抑制するということは勃起しにくくなる、性欲が落ちることにもつながります。実際、プロペシアを服用しだしてから勃起しにくくなった、性欲が落ちたという報告もあるそうですが、ほとんど副作用はなく、服用しやすい内服薬だと言えます。しかしこの薬は男性ホルモン型脱毛症にのみ効果がある内服薬で、薄毛の原因が男性型脱毛症によるものでなければ効果はありませんし、女性にも効果はありません。

私自身も薄毛に悩むようになり、特にシャンプー時の抜け毛がひどく、頭を洗う回数が減りました。しかしネットで調べたら頭皮の汚れが薄毛の原因であると書いてあり、それからは高額な頭皮シャンプーで念入りにシャンプーするようになりました。そんな時、僕より薄毛の友人が一緒に薄毛治療を受けないかと言ってきました。その友人の仕事の先輩がプロペシアを使って髪が増えたそうです。プロペシアは抜け毛を抑えて薄毛を予防する薬ですが、中には髪が増える人もいるらしいのです。友人も1人で試すのは怖いので一緒にやらないかと言ってきたので、僕も飲んでみることにしました。

今服用を続けて5ヵ月です。最初1ヵ月目は、AGA専門の病院へ行きましたが保険が利かないので病院にかかるのも内服薬も高額な費用が掛かってしまったので、もっと安く上げたいと思い通販で購入するようになりました。1日1回だけの服用なので簡単ですし、効果を実感しています。世界60カ国以上で承認されているということで、僕自身も副作用はありませんし、安心して服用をしています。

効果の体感としては、僕は明らかに洗髪中の抜け毛の量が減りましたし、髪が全体的に太くなった気がします。そのおかげで抜け毛の悩みが減りました。

薄毛でとても悩んでいる人、他の育毛サプリや育毛剤で効果がなかった人は、一度プロペシアを試してみる価値はあると思います。僕は本当に試してみて良かったと思います。