ストレス社会に生きる人たちへ

ストレス社会

ストレス社会に生きてる人々は日々健康を脅かされています。ストレスは万病の素とも言いますね。事実ストレスが溜まるだけで、頭痛・鬱・やる気が出ないなどの症状が出やすいのも確かです。

では、ストレスを溜めないためにどのようなことを心がけるようにするといいでしょうか?独自の視点でまとめてみようと思います。

1.1日3回の食事を心がける
最近は食べないで痩せるダイエットなるものが流行っていますね。液体だけで、固形物を口にしないとか栄養が偏るに決まっています。肉、野菜、炭水化物をバランスよく摂ることでストレスに侵されにくい体質になることが科学的には証明されています。

ビタミンB群が含まれているのは、ダイエットで抜きやすい炭水化物や動物性タンパク質などです。ダイエットをするなら、食べて動く、健康的なものを選ぶようにしましょう。

2.ストレスのかかる環境から抜け出す努力をする
職場や日常で人々の生活は常にストレスに支配されています。そこで考えてみて欲しいのは、ストレスから逃れる方法です。職場でストレスが溜まるのは何故でしょうか?

そもそもの仕事内容なのか、人間関係にあるのかそれは人様々だと思います。人間関係に問題があるなら、まずは周囲に相談してみることです。それで解決することもあるかもしれません。

仕事が合わなくてストレスを溜めてたり、周囲に語りかけてもどうにも人間関係が改善しない場合は、最悪転職を考えるのもありでしょう。自分の心の負担に気付くことが、ストレスの溜まらない日常への近道かもしれませんね。

3.ストレスが溜まった時の発散場所をいくつか用意しておく。
ストレスが溜まったらもちろん発散することが大切です。自宅にいてストレス発散ができればいいですが、多くの人は自宅にいても悶々としてるだけで、ストレスは蓄積されていく一方でしょう。ストレスを溜めやすい環境下にいる人は、自分なりのストレス発散法を見つけておくことが大切です。

友達と愚痴りあったり、カラオケで大声で歌ったり、おしゃれなバーで過ごしたり、ストレス発散に付き合ってくれる友達はいくつか作っておくのが効果的でしょう。しかし、毎日愚痴ばかりでは、友達もまいってしまうと思うので、楽しい話も時には織り交ぜながらバランスをとれた付き合い方を心がけましょう。

ストレス発散をする中で、友達との付き合い方はとても重要になってくると思います。ストレスが溜まっているときは愚痴を言いがちになるので、一緒にいる人は当然楽しくありませんね。

友達にとって、あなた自身がストレスの素にならないような付き合い方も大切だと私は思います。

 

 

最近の男性の美容に関して

以前よりも男性も、女性と同じように美容を気にする人が増えてきました。他の人から、綺麗に見られたい、よく見られたいという気持ちは、男性も女性も同じです。

最近は女性と同じように本格的なスキンケアをしたり、考えている男性が多くなっています。男性用エステやスキンケアのグッズの種類も増えてきています。男性のスキンケアの特徴は基本的なケアを、丁寧にする事です。女性の美容に関する目的よりも、『肌を綺麗に整えたい』、『いつまでも若々しい印象でいたい』というように目的がはっきりとしています。

その為、男性は目的がしっかり分かれているスキンケア用品が人気があります。そしていくつもの化粧品を使ってケアするよりも、1つの化粧品で全てのケアがすむ物が好まれています。

男性の美容については、肌や髪、体毛など美容を気にする人と気にしない人が大きく分かれています。男性用ケア用品が増えてきたので、自分の仕事や環境、肌質にあうものを探して上手に使う事が大切です。

また男性の場合、美容に関心がある人が約7割でその多くが20代、次か40代と言われています。『他人から見られている』という意識から、美容に関心をもつ事が多いようです。最近は洗顔や肌の保湿だけでなく、日焼け対策や美容のために健康にも気をつける人が増えています。美容に関心がある人の方が、関心のない人よりもウォーキングやジョギングをする事が多いです。

男性の美容やスキンケアに対して、女性は悪い印象を持っている人は少なく、他人からみてよい印象があればという寛容な気持ちがあります。

男性の美容グッズで人気があるのは、1つで化粧水と乳液、美容液が全て入っているオールインワンの化粧品です。他にも、体臭予防の香水、脱毛処理のクリームなどがあります。女性の美容グッズと同じような物がありますが、女性のグッズよりも数が少なく、金額が少し高めになる物が多いです。その為、美容にかける金額も、個人によってかわってきます。

美容はお金をかける事だけが大切ではありません。相手に不快感を与えない印象をつくるための清潔感や爽やかさを助けるための物だと思います。

 

男の美容意識の高まり

カッコつけるおやじ

男性の美容意識は年々高まってきていると言われています。女性に比べればまだまだ市場は小さい規模ですが、特に40代以上の男性については意識が高まってきていて、経済的にも豊かでも有る事から市場規模も拡大傾向に有るといわれています。

「10年前との比較では男性の美容意識が高まっていると思う方が80%以上もいるという調査結果もあります」また、「自分自身が美容に興味・関心があるか?」と問いにも40%以上のかたがYESと答え、40代以上になると50%近くになると言うデータが有ります。

これら美容意識の根底には「妻や家族の女性」よりも「職場やビジネス関係での女性」に対して「カッコイイ」と見られたい、言われたいという意識が高く、それらが美意識への投資や努力のモチベーションとなっている。それでは、具体的にはどのような美容に興味が高いのか?に対して1位はムダ毛処理となっている。ヒゲ処理や鼻毛処理、眉毛処理などの男性用家電や小物の売上や単価Upが顕著に表れています。次に頭皮や頭髪に関しての意識が高く、さらには肌やボディケアーという順です。経済産業省の統計では男性美容の市場規模はここ10年で130億2,100万円(2004年)から222億3,900万円(2014年)と約2倍に拡大しているそうです。

美容に努力を惜しまない男性は、40代に限らず増加中で、あまりに美容意識が高すぎると、劣等感を覚える女性も増えてきているようです。例えば「彼と比べて私のほうが肌が汚い」「私より手先がとても綺麗だった」「使用している男性用化粧品が凄い!高そう」など・・。

更に「ムダ毛処理がハンパ無い」「爪が綺麗に磨かれている」など女性顔負けの美容意識の高い男性が増えてきているのです。だからといって持てる男性かどうかと言う点では疑問が残りますが、冒頭の40代男性の美容意識と最後の方の女性より美意識が高い若年男性とでは圧倒的に男性的で持てる事に意識を置いた40代男性の美容意識の方が女性からも支持されている。

最後に、男性の美容意識の根底にあるものとして「年齢と見た目」がある。男性は初対面の女性との会話でよく「何歳に見えますか?」と意味の無い質問をする傾向が高い。これは「自分の見た目年齢は他人からどの様に思われているのか?」を気にする男性が多いからです。特に40代男性は敏感でこの様な意識も美容意識の高まりのモチベーションを支えている考えられています。

 

頭皮のケアを忘れずにしっかりと

育毛については男性、女性共に悩んでいる方も多いかと思います。まず、髪を育てる為に大切なことはベースの頭皮ケアが大切です。理想と頭皮は弾力があり、柔らかい状態が良いと言われています。

最近では市販のカラー剤でツンとする香りが少ない物が多く販売されています。髪を染める時に鼻につく香りはアンモニアという成分によるものです。実はものアンモニアという成分は揮発性があり、頭皮の薬剤を蒸発させる働きがあります。この成分が少ないカラー剤は頭皮に薬が残ってしまい、育毛に大切な頭皮の弾力や厚みを減らしてしまいます。無くなった頭皮は重力により顔に落ちてきてエイジングにも繋がり、シワ、たるみの原因となります。

一度硬くなった頭皮から生えてくる毛髪は細くなり、抜けやすくなります。硬くなってしまった頭皮を復活させる為には、マッサージが大切です。頭皮の血行を良くして育毛を促すことが重要です。

シャンプー後にトニックでマッサージされている方が多いかと思いますが、シャンプー前にするトニックでのマッサージも効果的です。毛髪の毛穴に詰まっている汚れを落としてからシャンプーをすることにより、シャンプー後のトニックの浸透が良くなります。

より育毛の効果が欲しい方は、育毛専用のシャンプーを使用することにより、一般的なシャンプーには入っていない有効成分が頭皮に栄養を入れ保護してくれます。

シャンプー後にトニックを使用した後はしっかりとドライヤーで乾かしてから就寝しましょう。湿ったままの頭皮は雑菌が繁殖してしまい、枕などの摩擦で切れ毛や枝毛にも繋がります。

日常生活の中で注意する点としては、直射日光を避けることや帽子などを頻繁に使わないことです。紫外線に長時間晒すことで頭皮の温度が上がってしまい、毛髪を保護する力が低下してしまいます。

また、紫外線を避ける為に頻繁に帽子をかぶってしまうと蒸れてしまい頭皮の負担になります。外出する際はスプレータイプの毛髪用日焼け止めを使用し、なるべく紫外線に当たらないよう日傘などを使うことも大切です。