AGA治療薬のプロペシアとサガーロ

プロペシアとは

プロペシアは、米国のメルク社によって開発された、総称フィナステリドと呼ばれ、世界60カ国以上で承認され、使用されているAGA治療薬です。日本で初めて認められた男性型脱毛症(AGA)の内服薬です。

プロペシアの主要成分はフィナステリドであるが、フィナステリドはAGAを引き起こすDHT(ジヒドロテストステロン)の産生に関与する5αリダクターゼ(5α還元酵素)を阻害する機能を有します。AGAは毛周期を崩壊させ、毛髪が成長する前に脱落してしまう症状ですが、フィナステリドは毛周期を正常化し、毛髪の成長期間を維持する作用があります。
DHTが生成されない場合、AGAは発生しません。つまり、プロペシアはAGAの進行を抑えるだけでなく、AGAによる脱毛もなくなり、育毛効果も期待できます。

 

サガーロとは何ですか?

サガーロは、英国に本拠を置くグラクソ・スミスクライン株式会社によって開発された商品であり、有効成分としてデュタステリドを含有しています。プロペシアよりも後に、比較的新しく認可をされた男性型脱毛症(AGA)の内服薬です。

プロペシア(フィナステリド)と同様に、サガーロの効果は男性型脱毛症(AGA)に有効性を持つ薬です。有効性と安全性は、男性の男性型脱毛症のみの臨床研究結果によって確認されています。ただし、女性の脱毛やAGA以外の脱毛症には効果がないことに注意してください。

 

プロペシアとサガーロどちらが良いでしょうか?

プロペシアの有効成分は「フィナステリド」で、サガーロの有効成分は「デュタステリド」です。
どちらも、基本的には、AGAの原因である5αリダクターゼ(5α還元酵素)を阻害し、DHT(ジヒドロテストステロン)の産生を阻害する効果を有しますが、プロペシア症は1型5αリダクターゼ(5α還元酵素)にのみ作用し、サガーロは1型および2型の両方に作用するといわれており、そのため、一般的には、サガーロのほうが効果が高いと言われています。

ただ、どちらのほうが効果的かは実際に使ってみなければわからないというのが正直なところです。一般的には、長年の実績のあるプロペシアを使ってみて、効果が乏しいようならサガーロに変えてみるというのがわりと使われている手法です。

 

AGA専門クリニックにも注意

最近、AGA専門クリニックでも、サガーロの有効成分であるデュタステリドを配合した安価な商品をを個人輸入で入手し処方するクリニックがありました。利益重視の悪質性の高いクリニックもありますので信頼性の高いクリニックを利用するようにしましょう。
プロペシアの個人輸入についてはこちらのサイト(http://www.teledynemedical.com/)もどうぞ!